< 2017年06月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年08月 >
ホーム  > 未分類 > 足が泥んこな理由

足が泥んこな理由


この間、実家に行ったときのこと


100228 012


メイとじゅんちゃんのお母さんがお散歩に行くというので
カメラを首から下げて、ついて行ってみました


100228 013m


J)     はいはい  ついて行っていますよ~

このお散歩の前にも、何度かメイは
じゅんちゃんのお母さんとお散歩に行っているのですが
決まって、足が泥んこになって帰宅
なので、一体、どこをお散歩しているんだろう?? と気になっていました
すると・・・

ふむふむ


100228 014


なるほど


100228 015


お散歩コースには、田んぼのあぜ道や、草が生い茂った空き地が組み込まれていました

母)     メイね~、ここが好きなのよ


100228 016


足元を見ると、枯葉や土・・・確かに、メイが気にいるのがわかります
やっぱりワンコは、足元に自然を感じると、嬉しくなるんでしょうね~


ここは、私の生まれ育った場所
この風景は、18年間、ほぼ毎日見てきた風景です


100228 017


ここを、サリーやムク(実家で一緒に生きてきたワンコたちです)とも歩きました


100228 018


あの頃の出会いと別れがあるから今がある


100228 011


今、メイがここにいるのは、あの頃のおかげです


100228 019m


私の過去がある場所でメイが楽しそうに歩いてくれる  
そう思うと、なんだか嬉しくなります
たとえ、足が多少、泥んこになっていようと・・・ね

J)     メイ~、また、じゅんちゃんの実家に遊びに来たら
       泥んこになるくらい、いっぱい土の上を歩こうね

メイ)    はい

No title

2010/03/06(Sat)21:07

わぁ、のどかな所ですね~v-281
それにメイちゃん・・お母様とはたまにしか会えないのに、
子供の頃に可愛がられた事をちゃんと覚えているんですねv-344

出逢いがあれば別れはいつか必ず来ますね。
相手が人間よりもずっと寿命の短いワンコなら尚の事です。
いつか来る別れの時を受け入れるのも、
そんな命を預かったという責任なのでしょうね。

名前:きゃふぁにこ♪ (URL編集

No title

2010/03/07(Sun)15:33

のどかな田園風景e-257
じゅんちゃんの思い出が一杯つまった場所なんですね。
自然の豊かな場所を、お散歩して楽しかったでしょうね、メイちゃん。

名前:mee (URL) 編集

No title

2010/03/07(Sun)17:10

きゃふぁにこ~♪さん

田んぼを見て、季節の移り変わりを感じていました♪

メイは、母のことが大好き
母もメイのことが大好き
両思いの二人は、日に何度もお散歩していました

残されるあのせつなさは、人間が負うべきものだと思います
ワンコは、最期まで、愛しさが詰まった目で見られている存在
だから、私は、メイと生きて、メイを見つめ続けていこうと思います


meeさん

うふふふふ~
こんなところで、育ってきた私です
田んぼを見て、季節を知って
風を感じ、土の香りを嗅ぎ、呼吸をしてきました
だから、メイにも、それを感じてもらえればいいな~
と思っています♪

名前:メイクル (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top