FC2ブログ
< 2016年01月 |  1234567891011121314151617181920212223242526272829 | 2016年03月 >
ホーム  > アーカイブ > 2016年02月

Archive list

2016/02Archive list

びっくりポンや~(@_@)


それは、ある深夜のことだった

M)       なんだ?!  メイが、俺の頭をポンポンポンって!!!

メイ)     ふぁあああーーーーーっ

J)       どうした?!  メイ!!!

暗闇の中、飛び交う言葉
慌てて、部屋の電気を点ける

J)       メイ!!  メイ?

だら~んと、丸いベッドから頭を落としているメイ
私を見つめる目が、どんよりしている

M)       なんか、俺の頭を

J)       変な鳴き方だったよね?

メイの呼吸の状態を見る
いつも通り
ゆっくり上下する腹部

だるそうなメイが、ゆっくり目を閉じた

翌朝

メイは、穏やかな寝息を立てている

朝食の用意をしている私
前夜の様子を思い返す

そして・・・・

あーーーーーっ   わかったーーーーっ

突如、霧が晴れるように、すべてが・・・見 え た

あの時、一体、何が起こったのか

そうか、そうだったのか~ 

ふっふっふっふ  あっはっはっは~
なんだ~  なんだよ~

え?  一体全体、なんだったのかって

では、あの夜を、振り返ってみましょう

当時、寝ている時の位置関係は、こうでした


DSC04878xx.jpg


深夜、あの場所にいた全員が、おそらく深い眠りの中にいたものと思われます
シンと静まる暗闇の中

たぶん

いや、間違いなく

メイは

伸び をしたのです

え? どういうことかって?

では、想像してみましょう
メイがあの位置で、伸びをしたらどうなるか

手足を思いっきり伸ばすと、そこにあったのは・・・


DSC04877xx.jpg


まーちゃんの頭

そして、『ポンポンポン』 は
伸ばし切った手が、およよよよっと揺れて当たった結果
まるで、頭を軽く叩くような動きになったのでしょう

『ふぁあああーーーーーっ』

あの、静寂の中、響いた変な声は・・・もはや、おわかりですね

あくび です

『落ちた頭』   それは、熟睡の証
『どんよりした目』  それは、眠りを邪魔された不満の表れ
『ゆっくり上下する腹部』  それは、再び眠りに入る合図

あの時、大騒ぎをした人間2人を
メイは、どんな気持ちで見ていたのでしょうか

『だるそうなメイ』  それが、メイの気持ちのすべて

つまりは

メイ)     もぉ~~~  なぁに~?  うるさいなぁ~  
        眠っているんだから、静かにしてよぉ

すまんよ  メイ
勝手に勘違いして大騒ぎして

それにしても・・・
夜中の不意のあくびが、あんなにも、響くものだとは知りませんでした


いや~、びっくりした びっくりした

あ、もちろん  メイはいつも通り元気ですので
ご心配なきよう


                  



雪の中、お散歩をすると
出来上がるもの  雪玉

まんまるで、かわいかったので
こうしてみました


DSC04880xx.jpg


うさぎのしっぽ


DSC04882xx.jpg


▲page top