FC2ブログ
< 2014年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2014年12月 >
ホーム  > アーカイブ > 2014年11月

Archive list

2014/11Archive list

そうだ! 温泉に行こう 2


大松庵にてお昼を食べた後、向かった先は
まーちゃんご希望の地

メイは、入ることができないかもしれないな~とほぼ、諦めていたのですが
聞いてみると

「ほかの人に迷惑をかけなければ、構いませんよ」

とのこと

階段がたくさんある山道を歩く為、カートを引いていくことはできません
なので、メイに

J)      上手に歩いてね


DSC00252c


とお願いをして、進んで行きます

しばらく、歩くと・・・あった


DSC00259c.jpg


まーちゃんが見たがっていたのは、この五重の塔です


DSC00261c.jpg


この五重の塔については、以下の通り


DSC00265c.jpg


東北最古の塔とのことです

この塔が目当てだった我々は、羽黒山山頂を目指すことなく
ここからUターン


(ちなみに、まーちゃんは、塔のこういうところが見てみたかったらしい

DSC00289c.jpg


途中にある御神木に手を合わせ


DSC00300c.jpg


来た道を戻り


DSC00302c.jpg


息切れをして遅れる私をメイが振り返り
(あまりのぐったりぶりに、これから向かうすれ違った人たちは
不安を覚えたに違いない


DSC00304c


重くなった太ももをやっとの思いで持ち上げ
(その様子を見て、まーちゃんは爆笑
なんとか駐車場に戻ることができました

この日の観光はこれでおしまい
あとは、お宿に向かうだけです

今回、予約したお宿はこちら


DSC00384c.jpg


湯田川温泉 つかさや 
湯田川温泉は1300年前からこんこんとわき続けている温泉で
つかさやさんは江戸時代から続く、お宿です


DSC00369c.jpg


そして、「ウンナンの気分は上々」の原チャリの旅の一行が訪れたお宿でした
(写真がありました  この番組、大好きだったんです

ちなみに、ここを選んだ理由は
1 源泉かけ流しの温泉
2 部屋食(メイとずっと一緒にいられる)
3 お刺身がおいしそう
でした

ごはんの時間までまだあったので
まずは、まーちゃんと交代で温泉を堪能

お湯はちょっとぬるめのお湯なので、湯船は小さ目
ですが、心地よいさらっとしたお湯で
気持ちよかった~

(その間、メイはなぜか床の間でくつろいでいました)

DSC00314c.jpg


夜7時
いよいよ、楽しみにしていたごはんの時間です
今回、私たちが選んだプランは

【刺身盛合せプラン】海の幸をてんこ盛り♪

新鮮なお刺身をたくさん食べようと張り切って選びました


DSC00319c.jpg


それでは、いただきま~す

日本酒3種 

DSC00329c.jpg


女将のおへぎ
(からとりのずんだ和え 田川かぶの酢の物 菊三種はららご和え)

DSC00323c.jpg


胡麻豆腐の餡かけ

DSC00321c.jpg


お刺身の盛り合わせ

DSC00320c.jpg


身欠き鰊と秋野菜の煮物

DSC00331c.jpg


山伏ポークとキャベツ鍋

DSC00325c.jpg


鮭の粕漬け

DSC00333c.jpg


私たちがキャッキャ言いながら食べているのを
なんだかご立腹なお顔で見つめるメイ

DSC00335c.jpg


里芋饅頭

DSC00338c.jpg


なぜ、自分は蚊帳の外なのか、納得いかないメイ

DSC00336c.jpg


山形地鶏の炊込みごはん 鯛の潮汁 胡瓜の辛子漬け

DSC00344c.jpg


お刺身も含め、結構な量ですが、ペロリと完食の私たち
仲居さんには

「全部、食べられましたか~」

と少々、驚かれてしまいました

満腹になったら、あとはのんびり


DSC00345c.jpg


温泉にもう一度入ったり、テレビを観たりしながら一日が終わろうとしていました

が・・・


DSC00352c.jpg


夜中 2時半近く


DSC00351c


旅行恒例のメイ様のおトイレに行ってきました


DSC00355c.jpg


こんな時間で、外は寒いだろうな~と着込んで行きましたが
そう  ここは温泉地

あちこちから湯気が立ち上り、地熱のおかげで
それほどの寒さを感じることなく、丑三つ時の散歩を楽しめましたよ

そして、翌朝  と続けたいところですが
続きは、また次回・・・



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


▲page top