FC2ブログ
< 2014年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2014年09月 >
ホーム  > アーカイブ > 2014年08月

Archive list

2014/08Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニクの日 肉の日  真夏の灼熱編


先日29日は、肉の日であった
今回も供の者を連れて

いざ、参らん  仙台牛のスーパーへ 

今回は、一人での孤独な戦いになるものと覚悟をしておったが
供の者が肉の日有給休暇を取ったため

(いやいや、知り合いが見たら、誤解するので言っておくが
 代休を取らねばならない状況だったゆえ、この日に休んだだけである)

いつもの軍勢にて、戦いに挑むことができた
(軍師 官兵衛 を続けて観たので、文章が多少影響を受けておるが
 お気にすることなきよう・・・)

以下に、その戦いの様子を記しておく

出立の時は巳の刻(9時過ぎのことである)
静かに戦いの場に到着


(出発前にクッションを使い、健やかに眠る姫)

DSC08542c.jpg


あぁ、姫は、車内でゆるりとお休みくだされ
戦いの場には、それがしが一人で行くゆえ・・・


(戦いの時も、車内で眠っておられたようだ)

DSC08547c.jpg


時が過ぎるにつれ、決戦の場には
軍勢が次々と押し寄せてくる

しかし・・・


DSC08550c.jpg


動かぬ

この日は太陽が激しく照り付けており
うかつに身をさらしていれば、戦いの前に身が滅びかねない

それゆえ、皆、車の中から様子をうかがい、スーパーの前に並ぶ時を
探りあっているようである


DSC08563c.jpg


9時40分

まだ、誰も動かぬ
車は続々とやってくる

9時43分

いつだ
いつ、動くのだ

9時45分

まだか?  まだなのか?

・・・そのとき


DSC08568c.jpg


バタン
車のドアが開く音が響いた

来た

バタン  バタン

1人が動けば、また1人
2人が動けば、その倍が・・・動いた!

今だ
それがしも車から飛び出し列に加わろうとした



しまったーーーーーーっ!


DSC08571c.jpg


列に並ぶ方々は、皆、日傘を広げておる
太陽に体力を奪われぬよう、日傘を携えてやってきたのである

なんということだ
日傘という武器をそれがしは持っておらぬ
これでは、太陽に対して丸腰ではないか?!

さすが、戦いに慣れている方々は万事整えてきておる
それに比べて、それがしの姿と言ったら
日傘どころか、帽子すらないではないか

これでは、決戦前に果ててしまうに違いない
一体、どうしたらいいんだ

ひとまず車に戻り、何かないかと探しておると
白いストールがあることを思い出した
これだ
これを頭からかぶればよい

白いストールを手に、列に戻ると
列が少し伸びている・・・準備不足が招いた失態だ
弁解の余地もない


DSC08573c.jpg


午前10時  開店

もはや、店内の配置は頭に入っておる
コース取りも問題なかろう

今回狙うは、ヒレ肉
ケース内の肉の配置も、前回の経験を基に考えればわかるはずだ

目指すものは、ここにくれば・・・と勢いよくケースの前にたどり着く



なぁにぃ?!


DSC08578v.jpg


前回と、肉の配置がちがーーーーーーう
目の前に現れたのはロース
私が欲しいのはヒーレ

どこじゃ どこにあるのじゃ

左右に視線を走らせ、くまなく探す

あった


DSC08580c.jpg


あったぞ
2人分のヒレ肉を手に入れ、次はカルビを探す

おぉ~あった・・・あったが・・・なんじゃこりゃ??

カルビ肉  赤身カルビ肉

はて? どういうこだ

落ち着きを取り戻し見てみると
どうやら、脂の入ったカルビと赤身のカルビの違いらしい

前回、ロースを食べた際に
そろそろ、脂身は受け付けない歳になってきていることに気づいた我ら
ならば、今回選ぶのは

赤身カルビだ

後ろにひしめき合っている軍勢をかわす為にも
早々に戦いを終え、引くべしと判断した我が勢は
(といっても、それがし一人であるが)
ヒレ 赤身カルビを手にレジへ向かい、戦いを無事に終えたのである

今回の戦い
灼熱編は、本戦前から腹の探り合いをするという
実に熱い暑い戦いであった


DSC08583c.jpg


皆の者、そのあたりのことを肝に銘じ
感謝して食べるのだぞ

メイ)   うみゃいお肉を早くください!!!

スポンサーサイト

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。